Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

仙台市 日本一起業しやすいまちへ【仙台市起業支援センター】を開設


「日本一起業しやすいまち」の実現を目指している仙台市が起業家支援の拠点として立ち上げた「仙台市起業支援センター」のオープンセレモニーが30日、青葉区のアエルで開催された。

専任のスタッフや起業支援コーディネーターを配置、起業相談の対応からビジネスプランの策定、会社の立ち上げやその後のフォローまで、きめ細かなサポートを提供する。

民間の起業支援団体などの関係機関とも連携しながら、起業ニーズのワンストップ対応を目指す。

奥山恵美子市長は「事業を始める希望や意欲を持った段階からきめ細かく支援し、日本一起業しやすいまちを実現したい」と話している。

仙台市の開業率は3.56%で、トップの福岡市、札幌市、横浜市に続き国内都市では4番目(2009年)。

12年度の市産業振興事業団への起業関連相談は193件。東日本大震災前と比べ約3割増えており、起業への関心の高さを物語っている。

宮城県仙台市青葉区中央1−3−1
参考
起業志望を全面支援 仙台市が30日、センターを開設 河北新聞