Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

現代のセールステクニック 【ビールの売り子と新幹線販売員】


売り子さんの販売テクニック

野球観戦をしない人は、「売り子さん」と聞くと地味な印象を持つと思いますが、最近はビールメーカーが提供するカラフルなコスチュームを着た綺麗な売り子さんが増えています。タレント活動をしながら売り子をする人も出現するなど(東京ドームで最高400杯売ったことがあるおのののかさん)。「球場の売り子さん」はアイドルブランドになっているようです。

beer-girl報酬は、200杯以上売ると時給2500円に値上げされるような「固定給+歩合」のシステムになっているそうです。

球場には多くの観客がいるため、企業ロゴの入ったコスチュームを着た売り子さんが動き回ることはビール会社にとってもかなりのPRになるので、AKB風のデザインを取り入れる等、見栄えを良くする工夫をしています。

ここに「競争」を持ち込んだのもAKB風なのでしょうか。売り子さんのやる気と、売り子さんを応援したいというお客さんの「ファンごころ」にスイッチが入るようで、仕事中に他の売り子さんの販売実績を聞きにくる人もいるそうです。

【売り上げ上位者の特典】
前日の売り上げ上位者が皆の前で発表される
腕章をつけることが出来る
顔写真が部署内で掲示される
報酬がアップする

甲子園では一試合約200名が売り子として働くそうですが、およそ3時間という限られた時間の中で自分から買ってもらうために、売り子さんは様々な営業努力をしています。

頑張りをアピールする

beer-foamビールのサーバーやお釣り等、持ち物の重量がトータルで15キロ位あるそうです。試合の間、これをずっと背負ったまま階段を上り下りし、サーバーが空になったら何度も入れ替えに行かなければならず、数日で辞めてしまう子がいるという、とてもハードな仕事です。

「暑い(特に夏)」「重い」「階段上り下りが辛い」の三重苦に耐えながら元気に動き回るその姿が、赤ちゃんをおんぶしたおしんとダブる人もいるのでしょう。汗を拭きながら辛さを笑顔に変える売り子さんを見て、(この子から買ってあげたい)と思うようです。

【参考:日米比較 アメリカの有名な9人の売り子さん(9 Famous Baseball Stadium Vendors)】

その他、売り子さんはこんな風に、営業努力をしています。

独自性を出す

大きくて派手な花をつける
お客さんが応援しているチームカラーのタオルをかけて、話題のネタを提供する
名刺を配る
ハートを描く要領でビールの泡を注ぐ

距離を近づける

笑顔!
アイコンタクト
わずかな接触時間を使って会話を盛り上げる
お客さんの「顔」「名前」「その時言ったセリフ」「座席の位置」をノートに記録し覚える
写真撮影
次につながる言葉をかける「また呼んでくださいね!」

作業効率を上げる

注文を受けたら階段を上り下りしながらビールを注ぎ始める。着いたらすぐにもう片方の空いた手でお釣りを準備する。