Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

起業したら家事はどうする?


質問

起業したらかなり忙しくなると思いますが、起業した人達は家の掃除や片付けを、どのようにやりくりしているのでしょうか?家の中に人を入れるのは抵抗があります。

回答

家事への呪縛を自ら解き放つ努力を

独身で起業する場合は基本的に自分の時間の全てを自由に使うことができるのでいいのですが、結婚し家族がいる状況で起業するとなるとそうはいかないのがつらいところ。

特に日本では女性が家事を担当している家庭がほとんどですから、女性が起業する場合は仕事と家事、子どもがいれば育児とのバランスの取り方がとても大切になってきます。

まず意識して欲しいのは「ビジネスに関してはあなたしか全責任を負える人はいないが家事はあなた以外の人でもできる」ということです。

一度起業すれば事業を軌道に乗せるためにさまざまな努力をしなければいけませんから、時間がいくらあっても足りないという状況になる時期が必ずあります。

その時期を乗り越えるためには「しなければいけないことは何か」だけでなく「しなくてもいいことは何か」を同時に考える癖をつけておく必要があるのです。

掃除は、片付けは、洗濯はあなたにしかできないことでしょうか。パートナーやある程度の年齢以上の子どもにしてもらうという選択肢もあるはずですから、まず「家事は私がしなければいけない」という意識を少し変えてみましょう。

clean

分担することで生まれるメリット

とはいえあなたが家事への意識を変えるだけでは何も変わりません。「お手伝いさんを頼むには抵抗がある」とのことですから、まずは家族に家事分担の提案をしてください。

曜日ごとに決める、家事の種類ごとに決める、この家事のこの部分だけ誰々に任せる等どのように家事分担をするか家族でしっかり話し合うことが大切です。その際には、あなたがなぜ起業したいと思うのかを家族が納得できるようきちんと説明することが不可欠ですね。

あなたのビジネスへの熱意が伝われば家族も家事の分担を快く受け入れてくれるはずですし、何より一番身近な存在である家族に起業の意義を理解してもらえればあなた自身もやる気が倍増するのではないでしょうか。

また、パートナーや子どもにとってはこれまであなた一人で担っていた家事の大変さを経験するいい機会だと考えましょう。

家事の大変さ、際限のなさは実際にしたことがある人でなければ分かりません。それを経験することでパートナーや子どもの中にあなたへの思いやりや家族全体への連帯感が生まれる可能性は高いと言えるでしょう。

家事を分担してもらえばあなたにとってはビジネスに集中できる時間が増えるというメリットが生まれますが、それ以上に思いやりや連帯感という目には見えなくても精神的な強い支えを得られるすばらしいメリットが生まれるはずです。

時間管理を意識しよう

もしも家族が家事を分担してくれることが期待できない場合はあなた自身がこれまで通り家事と向き合わなければいけませんから、今度は時間の使い方を強く意識しながら行動することが求められます。

ポイントは2つ、しなければいけないことの優先順位をきちんとつけること、そしてすきま時間を上手に利用することです。

起業しビジネスが動き出すとそれまでしたことがなかった作業に時間を使わなければいけませんが、自分の時間でありながら顧客のために動く時間であることも多いもの。

思いついたものから片付けるのではなく、納期が短いものや素早く対応しなければいけないものから取り掛かるために優先順位を常に意識して動く必要があります。

また時間をより有効に使うために、5分10分といったすきま時間を上手に活用する意識も持ちましょう。料理中に手が空いたら携帯電話でメールチェックをする、お風呂をお湯張りしている間に請求書を作る、など工夫次第で「時間をつくる」よう努めるのです。家族への家事分担と時間管理、この2つの方法をまず取り入れてみて、日々の生活の中で微調整しながらよりよい方法を模索してみてはいかがでしょうか。

長野 由美子
本業の傍ら女性起業家支援団体に所属し、起業予定から起業後5年前後までの女性起業家の各種支援を行っている。女性起業家対象の交流会・研修会の企画運営、専門機関と連携しての経営全般や法人化・税務・労務・広告戦略などの各種相談受付、行政機関と連携しての起業関連イベントの企画運営などを担当。