Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

起業資金を確保しよう。


起業資金は準備OK?

起業に先立つものといえばまず、お金。特に「会社勤めを辞めて起業」や「夫の収入に頼らず起業」となると、生活を安定させることが第一になるため、起業のための資金がどれくらい用意できるかがポイントになってきます。

とはいえ、起業といっても業種は様々です。SOHOなど比較的初期投資にお金がかからないミニ起業もあれば、商品販売や店舗経営、教室を開くといった場合にはそれなりの資金が必要です。まずはの自分の起業したい業種と、それに見合った資金が用意できるかどうかをチェックしてみましょう。

資産・負債・生活費

「お金に代えられる財産」を持っていますか?預貯金はもちろん、保険や車、貴金属や骨とう品なども含めて、価値のあるものがどれくらいあるのかを、考えてみましょう。money

自分が抱えているローンや滞納金等の負債はありますか?住宅や車の支払いはあとどれ位残っているでしょうか。また個人でしている滞納や借金などがあると、融資が受けにくいなどのデメリットもあるので、考慮しておきましょう。

生活費はどの位かかりますか?万が一、病気やけがなどのアクシデントがあってもOKなように、少し多めに見積もっておくとよいでしょう。

起業はできるだけ負担が少ないほうがやりやすいもの。たとえば、「持家で、自宅の一室を使ってネイルサロンを開く」という場合なら、持っている資産である家をそのまま使うわけですから、店舗を借りる必要がなくなりますよね。

このように、自分の持っている資産がどんなものか、それを活かした起業が可能かどうか?などを、今一度再検討してみましょう。

コストを正確にシミュレーション

次に、考えなければならないのが「コスト」です。起業の種類にもよりますが、店舗やオフィスを借りるための費用や、備品をそろえる費用、広告宣伝に使う費用、商品や食事の材料費の仕入費用など、さまざまなコストが必要です。まずは自分の起業内容にかかるコストをシミュレーションしてみましょう。

コストには、起業開始時だけ用意すればいいものから、店舗の家賃や水光熱費、材料費のようにその都度支払わなければならない「ランニングコスト」もあります。

起業スタイルによって、「店舗代はかかるけど、地元の農家から食材を安く仕入れるので大丈夫」とか「SOHOを始めるけど、パソコンと専用ソフトが新たに必要」など、いろいろな気づきがあると思います。

それを元に、1か月、3か月、半年、1年…と、かかる費用と仕事の成果がどれくらいあればよいかの「費用対効果」を考えていくとよいでしょう。