Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

「こんなところが嫌がられてる?困ったちゃん行動パターン①」 牡羊座~蟹座


職場で「困ったちゃん」と思われていませんか?



貴方が無意識のうちに取っていたり、普通だと思っていたりする行動のなかには、実は他の人の目には「困ったちゃん」のように映っていることがあるかも知れません。表立って非難されるほどのことではないけれど、だからこそ、いつのまにやら周りから冷やかな視線を受けるようになっていた……などということはありませんか?今回は、星座別に出現しやすい「困ったちゃん」をご紹介いたします。貴方も思い当たるところがないか、少し振り返ってみてはいかがでしょうか。


ohitsujiza

 牡羊座のココが「困ったちゃん」



牡羊座の人は、何かをやりたいと思ったら、すぐそのときにやらずにはいられないところがあるでしょう。誰かに止められたとしても、ガンとしてそれをやりこう抜こうとします。時には、誰の了解を得ることもなく(了解を得る必要あるとは思っていないので悪気はないのですが)ひとり勝手に歩を進めてしまうこともありそうです。プライベートにおいては問題になることは少ないかも知れませんが、仕事においてはそれではやや困ります。周りの人たちから「わがまま」「自分勝手」などと言われないように、協調性に意識して行動してみるとよさそうです。


oushiza

牡牛座のココが「困ったちゃん」



自分が実際に見聞きした経験をベースに物事を判断する傾向にある牡牛座の貴方は、人の意見や考えにかんたんには共感できないところがあるかも知れません。ある人が仕事の悩みを相談してきたときにも、自分が過去に抱えたことがある悩みでなければ「そんなの単に悩み過ぎ!」と簡単に切り捨ててしまい、気持ちを分かってもらえない冷たい人と思われてしまう可能性がありそうです。でも牡牛座は、自分が理解していることには誰よりも深く共感ができるタイプとも言えます。自分の未経験の領域であっても、少し想像力を膨らませて相手に歩み寄ってみる意識をしてみては。


futagoza

 双子座のココが「困ったちゃん」



情報通な双子座の貴方は、他人から聞いた情報をすぐに右から左へと伝達していくところがあるでしょう。貴方自身は、とにかく「話の中身を伝えたい!」と思っているだけかも知れませんが、耳にしただけの情報を自分自身が体験したかのごとく伝えてしまう傾向にあるため、聞いている側がその実態に気づいてしまうと、貴方のことを口先だけの人だと思ってしまったり、ひどいときには疑い出してしまったりするかも知れません。貴方自身の体験からくる話なのか、単に耳にしただけの話なのか、話の輪郭を明確にしながら伝えることができれば、貴方の信用が崩れることは避けられそうです。


kaniza

 蟹座のココが「困ったちゃん」



繊細で敏感な感情の持ち主の蟹座の貴方は、感情表現が激しいところがありそうです。プライベートで気分が落ち込むようなことがあると、それを仕事などのオフィシャルな場でもずっとひきずり空気を重くしてしまうこともあるかも知れません。そんな貴方は、周囲の人から「分かりやすい人」ととらえられる場合もありそうですが、感情の振れ幅が大きすぎると、面倒に思われたり距離を置かれたりすることもありそうです。感情にフタまでする必要はありませんが、場をわきまえた感情の出し方を心がけるようにしましょう。

ikonahime

「獅子座~蠍座の困った行動パターン」はこちら

「射手座~魚座の困った行動パターン」はこちら