Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

起業前の心理チェックポイント8つ


起業前に確認しておきたい、心理的なチェックポイントを8つ挙げてみました。ただ始めればうまくいく、というものではないのが起業です。起業したい気持ちがどれだけ成功に結びつきそうか、チェックポイントからもう一度見なおしてみましょう。

1.「起業したい」という強い気持ち

起業したいと考える女性の多くに「自分のスキルを活かしたい」「好きなこと・良いと思えることをもっと広めたい」「人の役に立ちたい」といった動機があります。しかし、起業後、すぐには収益が上がらない、お客さんが集まらない、仕事が来ない…といった事態も考えられます。決して平坦ではない時期、困難にぶつかった時に「それでも目的を達成したい」「やりたいことを続けたい」という強い動機がなければ、困難を乗り越えることは難しくなります。自分の中に起業への強い気持ちがあることは、とても重要なのです。

2.仕事内容を説明する力

起業では多くの人に自分の仕事を知ってもらうことがポイント。起業後は出会う人に自分の仕事内容を説明する機会が増えます。初対面の人に簡単に自分の仕事を説明する、事業の内容をアピールするスキルが求められます。

営業というと大げさですが、「あなたって、どんな仕事をしているの?」「起業したと聞いたけど、どんな内容なの?」といった問いかけに答えるためにも、自分の仕事内容や動機、コンセプトやセールスポイントをしっかり把握しておきましょう。

3.あなたのお客様

どんなにやりたいことがあったとしても、利用してお金を払ってくるお客様がいなければビジネスになりません。ビジネスではどの程度の顧客が見込めるかが重要なポイントになります。自分の起業のアイディアが「世の中で求められているものかどうか?」「人に喜んでもらえそうか?」という点をよく考えてみましょう。

4.行動力と実行力、フットワーク

「起業したい」と頭のなかで考えるのは簡単ですが、難しいのが具体的な行動を起こす、行動力や実行力です。税務署や役所等での手続きや、起業セミナーへの参加、事務や経理、受注など、やらなければならないことはたくさんあります。煩雑なことも多いですが、それでも「後でもいいや」「面倒くさい」と思わず、できるだけ素早く動くフットワークの良さが必要です。

5.協力してくれる人

起業は大きなイベントです。自宅で個人事業をするにしても、家族の同意や協力が必要になります。また、家族の理解に加え、うまく行かない時でも支援してくれる行政サービスや、女性の起業支援セミナーなどの実際的な協力者も、いてくれるほうが心強いはずです。

既に起業している先輩方と仲良くなるのもいいでしょう。別な業種の人と仲良くすることで、コラボレーションやタイアップが出来る可能性も。同じ業種であれば、お互いが協力しあうことでより多くの顧客が集められるケースもあります。人の輪に支えられながら、徐々に自分の仕事を発展させて行きましょう。

6.楽観的かつ慎重なものの見方

仕事には波があります。特に起業後しばらくは不安定な状態が続くことも多いでしょう。不調な時も好調な時も、「事業には波があるものだ」と思える心構えが必要です。調子が良い時は素直に喜びながら気を引き締め、不調なときは諦めず、「でもなんとかする!」という前向きさを持ちたいですね。

7.ワーク・ライフ・バランス

仕事を増やしすぎ、残業や徹夜が増えるとワーク・ライフ・バランスが崩れます。せっかく「自分のペースでやれる仕事」「家庭を大事にできる仕事」という目的でプチ起業したのに、仕事ばかりを優先しては本末転倒です。仕事の繁閑には波もありますが、「できるだけ家族と過ごす時間を優先する」「週末は子どもと一緒に遊ぶ」といった、小さな努力で、より充実した人生を目指しましょう。

8.臨機応変さや適応力

起業は順調に進むとは限りません。「最初だけ調子が良かったけどあとはサッパリ」とか、「どんなに宣伝してもちっとも依頼が来ない」など、色々な問題が発生します。その時々で、自分のやりかたを柔軟に変え、お客様のニーズに応えることが大切です。新しい方法を試したり、こだわっていた部分を切り替えたりしながら、最終的には自分の「やりたいこと」につなげていく、諦めない心が必要です。

いかがでしたか。起業にはリスクがつきものですが、しっかりとした志があれば乗り越えられること、成長できる面もたくさんあります。夢を夢で終わらせないためにも、もう一度自分の心に訊いてみてください。