Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

起業に必要なもの8つ


起業に必要な心構えとは別に、具体的に検討しておきたい必要なものを8つ挙げてみました。備えあれば憂いなし。必要なものをしっかりと準備して、開業後の事業がスムーズにできるように頑張りましょう!

1.開業する場所

womanbusiness1ミニ起業やプチ起業のメリットは、自宅や部屋さえあれば始められる点です。株式会社であれば必ず定款に記載する「本店所在地」が必要となりますし、お店を開くなら、店舗となる場所を、セミナー主催や講師であれば、セミナーを開かせてくれるスペースを、それぞれ確保する必要があるでしょう。SOHOワークを自宅で行う場合でも、寝室と仕事部屋を分ける、仕事に集中する時間を設定するなど「仕事ができる場所・環境づくり」が必要不可欠です。

開業後すぐに場所を使えるようにするには、下準備が必要。前もって家族に話し、部屋を片付けておく、レンタルオフィスやコワーキングスペース、貸店舗などを見つけて手続きをしておきましょう。

2.資金

起業で気になるのが金銭面。特に、起業数年は見合った収益が出せず、赤字続きということも考えられます。お金の準備はしておいて損はありません。業種にもよりますが、具体的には、300万~1000万円ほどの資金があるとよいと言われています。起業前に正社員としてしっかり稼いでおく、日頃から節約する、税金や法律について学ぶ、起業後にかかる費用を知る、銀行からの融資について学ぶなど、開業に必要な資金をしっかりと確保しておきましょう。

3.マーケティングリサーチ

起業する場合「既に同じようなことをやっている人がいる」というのもよくあるケースです。近所にある同じような店、見たことのあるようなウェブサイト、似たような肩書…。すでにあることの「マネっこ」では、お客さんが来てくれないかもしれません。

起業後、生き残っていくには、他の人とは違う「あなたに仕事を頼んで良かった」「このお店が好き」と言ってもらえる点を見つけ出す「セルフブランディング」が必要です。そのためにも、ターゲットを絞るとマーケティングを行っておきましょう。

4.名刺や広告・プレゼン資料

人に会うときに便利なのが名刺やフライヤー、プレゼンテーション用の資料などの紙媒体。挨拶時に相手に渡して、見てもらえるモノがあると信用度が違います。最初は凝ったものでなくても構わないので、ぜひ用意しておきましょう。