Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

開業のタイミングで妊娠したら?


質問

開業のタイミングで妊娠が判明しました。小さな子供を抱えながら仕事を軌道に乗せることが出来るのか、不安で一杯です。

回答

女性の社会進出がめざましい現代では、性別による能力の差を気にする風潮はもはや薄いと言えます。しかし働き続けるというテーマで考えた時、男性と女性とでは実際には大きな差が生まれているのが現状です。

女性には男性にはない「ハードル」がある

女性がキャリアを中断させざるを得ない最も大きな原因は妊娠出産、その次に大きな要因は育児と言われています。

夫婦で協力して育児をしようと考えていても実際には夫が育児休暇を取ったり時短勤務をすることができる企業は日本には数えるほどしかありませんし、夫婦とも自営業であれば妻が動けない分家計を支えるために夫の稼働時間がさらに増え、育児協力どころではなくなるというケースも珍しくありません。

つまり妊娠出産・育児というのは人生においては重要な出来事ですが、キャリアの継続という面から見ればハードルになる可能性があり、そしてそのハードルはほとんど女性が越えるべきものになっているのです。

自治体の支援を上手に活用しよう

とはいえそれまで培ってきた知識や経験を持って起業し成功させたいという思いは女性も同じですね。そして妊娠という出来事じたいも質問者様の人生にとって大変喜ばしいことに違いないのですから、やみくもに不安を抱えるのではなく両立していける方法を探してみましょう。

baby1「妊娠と開業が重なった」とのことですが、すでに開業された後に妊娠が判明したのであればまずあなたの体調を最優先しながら動いてください。

開業して数年、特に初めの1年は自身が開業したことを周囲に周知したり新しい得意先を少しでも多く獲得するために営業活動に専念する時期で、それが妊娠出産によって思うようにできないジレンマに悩むかもしれません。

しかし無理をして母体に万が一のことがあったのでは本末転倒です。ビジネスは何度でもやり直せますが今授かった命はたったひとつなのですから、無事に出産することをまずは考えてほしいと思います。

無事出産し体力が回復すれば、いよいよ社会活動に復帰してビジネスを積極的に進めていく活動の開始です。

baby2どんな形態のビジネスをしているかにもよりますが、子どもが自宅にいては仕事が進まないというのであれば託児所や一時預かりプランのある保育園、自治体が運営している託児事業「ファミリーサポート」などを利用するといいでしょう。これらは生後半年から預けることができます。ただしお子さんが風邪や感染症などにかかった場合は利用できません。