Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

「富山の花屋さん」この店のリピーターになろう!と思った瞬間


usagi
ファンが出来る女性起業
「富山の花屋さん」 



旅行先の富山の花屋で見かけた女性オーナーさんの話です。その花屋さんは、今時のようなお洒落なお店ではなくて、昔からあるような、少し寂しい雰囲気の花屋さんでした。

自動車学校で友達になった子と久しぶりに会うことになったのですが、ふと、何かプレゼントをあげたくなりました。

とはいえ、近くにデパートもないし、コンビニでは味気ないし、で困っていたのですが、偶然通りかかった道にぽつんと一軒の花屋さんがありました。

ちゃんとお花も置いてあって小奇麗な感じではあるんですが、駅からも離れたところでお客さんもいなかったので、寂しい雰囲気だと思いました。

(一本でもお花をあげれば友達が喜ぶかなぁ)と思い、お店に入ると、40代ぐらいの女性がいて「いらっしゃいませ。」と言われました。

時間が迫っていたので、「小さな花束を、でもすぐ枯れたり、邪魔になるような大きさだと困るんです。」とお願いしました。

正直お花のことは分からないのですが、小さなピンクのお花で回りに紫のお花を添えた、サボテンサイズの置物(?)のようなものを選びました。

驚いたのは、「久しぶりに会う友達用です。」と言っただけなのに、その包装の凄いこと。

料金がそのお花分だけなのに、メッセージカードと可愛らしいリボンのついたきれいな箱と、白い透明のレースが入った袋に入れてくれました。

女の子が好きそうな包装にしてくれたので、友達も喜んでくれましたし、

何より、お花の置物がかすむくらい包装に力を入れてくれたのがすごく嬉しかったです。

富山に行くことはそうないのですが、絶対またここのお花屋さんを利用しようと思いました。
flowershopowner

昔からある花屋さんのようだったので、地域の人にも愛されてるんだろうと思います。 (R)