Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

碧南市)ドイツ仕込みのハムと有機野菜バイキング【シュヴァインハイム】


愛知県碧南市にドイツ仕込みのソーセージや朝どり有機野菜がビュッフェスタイルで楽しめる「農家れすとらん・葉菜の舎(はなのや)」があります。

運営は有限会社シュヴァインハイム、代表は下島和子さん。平成23年の農山漁村女性活動表彰における「女性起業・経営参画部門」の最優秀賞(農林水産大臣賞)受賞者です。

本場ドイツで単身修業

ご主人と養豚農家を営んでいた頃、一頭分の豚肉を地元の顧客20人ほどで分け合って「美味しい」と喜んでもらったことが印象に残っていた和子さんは、ある日、福岡県の養豚農家が500万円の投資で加工事業に乗り出したという新聞記事を見て「自分で育てた豚で美味しいハムやソーセージを作ってみたい」と思いたちます。

そして、単身でドイツに渡り、添加物を極力使わないハム、ソーセージの加工を学び、1989年、有限会社シュヴァインハイムを立ち上げました。シュヴァインハイムは、ドイツ語で「子豚の里」という意味です。

下島和子さんと仲間たち
種類も豊富!作りハムとソーセージ

月日が経ち、夫婦が60歳を過ぎた頃、今度は「我が家のハムとソーセージと地元の野菜が食べられるお店があったら、どんなに素敵だろう」と、農家レストランの経営に乗り出しました(2007年)。

「農家れすとらん 葉菜の舎(はなのや)」

レストラン経営の経験も無く、オープン当初は、客足が少なく焦りもありましたが、ご主人の作った朝どり有機野菜の料理に感動した人の口コミが広がり、今では開店と共に多くのリピーターが訪れるお店になりました。

地元の調味料を厳選し、科学調味料は使わないのがポリシー。地元出身のスタッフと惣菜、デザートメニューを定期的に考案する等、お客さんが飽きない工夫をしているそうです。目指すはお客さんへの「健康の提供」


BY TokaiWalkerCH

その他、手づくりソーセージの体験講座の講師としても何千人もの指導をした実績もあるそうです。事業の行方や起業適齢期は「情熱」で決まる、ということなのかも知れません。

シュヴァインハイム
葉菜の舎
愛知県碧南市川口町6-70

参考
「農家レストラン葉菜の舎」いいとも愛知応援団
「お客さんに健康を愛知県の下島和子さん」全国農業新聞

愛知県碧南市川口町6-70
TEXT: 中田めぐみ