Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

リトアニア)ビジネストレーナー直伝 ビジネス成功の秘訣と伴侶の見つけ方


自由を手にして起業

90年代、ソビエト連邦から独立したリトアニアに新しい時代が訪れました。社会主義体制から資本主義体制に国の方針が転換したことで、“個人”がビジネスを起こすことが可能になったのです。

それまでの体制では、国家議員から掃除夫に至るまで国民全てが国家公務員の社会、プライベートビジネスなど介入する余地はありませんでした。

ソ連からの独立によって、リトアニアは“個人でも何かに挑戦できる”社会になったのです。国民が、突然与えられた“自由”に戸惑っていた時に、イリーナ・プロネネ=ラヴェンシさんは“やっとその時が来た”と感じていました。

イリーナさんは、自分の力で何か“起業したい”という強い思いに駆られていましたが、“何をどのように”したらよいのかわかりません。

今でこそ、ビジネスの“ハウツー本”が書店に溢れていますが、当時は断片的な情報をあちらこちらからかき集めることでしか“起業と経営”のノウハウを学ぶ手段がなかったのです。

男女の違い

現在、イリーナさんは売れっ子のビジネストレーナーとして国内外で活動しています。そんなイリーナさんは、ビジネストレーナーになる迄に語学学校教室の経営からリトアニア航空の制服の取り扱いまで様々なビジネスに携わってきました。

その豊富な経験とビジネススクールや心理学の講習で得た知識を全て活かせる“職業”が、ビジネストレーナーだったのです。



「ビジネスと心理学は密接に結びついているのです」と、イリーナさん。

「ビジネスの世界は、未だに男性的なルールが優勢です。そんなビジネスの世界に、女性が何の戦略もなく参入すればストレスが増すばかりです。女性には、女性のビジネス戦略が必要なことに気づかなければなりません。競争ではなく、男性との共生を考えなければならないのです」と、イリーナさんは力説します。

イリーナさんは、男性にとってビジネスは“競争”であり、“私”は“それができる”という位置づけであるのに対して、女性にとってビジネスとは、“やりたいこと”であり、“私”は“それがやりたい”という位置づけであると分析しています。

ここで既に、女性と男性のビジネスに対する姿勢に根本的な違いが生じているのです。

business3「男性と女性は“根本的に違うもの”であり“男性も女性も”お互いの違い“を理解した上でビジネスを進めていくことが、ビジネスで成功する秘訣となる」と、イリーナさん。

―男性と女性は異質なものだけれども、どちらが優れているわけでも劣っているわけでもない。しかし、まだまだ男性社会の業界で、男性からの支援や理解がなければ女性がビジネスで成功を納めるのは非常に困難な状態。

どんなに才能と能力があっても、それだけでは、女性がビジネスで成功を掴むことのできない現実が存在している-と、女性とビジネスを取り囲む現状を分析しています。

昨年、イリーナさんは、ベラルーシの首都ミンスクで“女性実業家”を対象とした“Lady Boss”というセミナーのトレーナーを勤めました。このセミナーでは、“プライベートと仕事のバランス”や“自己実現や障害を克服する方法”という女性実業家特有の課題がテーマでした。

セミナーの参加者は、既にビジネス業界で成功している女性実業家達でしたが、そのほとんどがセミナーの受講後“これまでの認識が180度変わった”と感想を述べていました。参加者達の声を一部紹介してみましょう:

“自分に限界などない。自分の能力を引き出せるのは自分だけであると理解できた”
ユリア(女性実業家グループ“Simvolwoman”創業者)

“経営だけでなく、コミュニケーションスキルの重要性を理解することができた”
インナ(投資コンサルタント会社経営)

“将来起こりえるリスクに気づき、それを回避する機会を得ることができた”
ブラーダ(ダンススクール経営)

既に、各業界で成功を収めているベラルーシのビジネスレディ達も、このセミナーを通して更なるスキルアップを果たしたようです。

成功に必要なこと

ビジネス成功の秘訣について、イリーナさんはこう語っています。

-自分にも、パートナーにも、そして顧客に正直であること。もし、卑怯な行いを誰かにすれば、例外なく、必ず後でその代償を支払わされるでしょう-

「因果応報」の原則は、どうやら世界共通のようです。

プライベートでは、ご主人と良好なパートナーシップを保っているイリーナさん。仕事と家庭を見事に両立させているイリーナさんの姿を見て、セミナーの参加者から「あなたのご主人のような素敵な伴侶を見つけるにはどうしたらよいか」と、いう質問を受けることも少なくないそうです。

そんな時、イリーナさんは決まってこう答えるそうです。「まず、自分を見つけなさい。自分探しが完了していないのに、ベターハーフ を見つけるのは気が早いわよ」と。

参考
Ravensy.com
Bel.biz

TEXT:  Sonya