Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

大阪)コラボ食堂で見つけた体と心に優しいカフェ【漢方カフェ いろは】


人に感謝される店 漢方カフェ いろは : 紹介者 HappyLife

HappyLifeさんの抱えていた悩み
体に良い食事を作るのに苦労している
・・・・・・・・・


最近病気になって食べ物に気を付けるようになりました。でも体にいいものって美味しくないんです。それに、「塩分控えめ」「お肉や油は出来るだけ控える」「野菜を増やす」「りんご人参ジュース」と本には書いてあるけれど、実行するのは結構大変。

朝は具だくさんお味噌汁で済ませるとして、問題は昼と夜と間食。毎日同じメニューだと飽きるし、食事の準備や洗い物でなんだか忙しい。

それに加えて毎日同じ健康サプリメントに健康茶に健康おやつ。時間はかかる、お金はかかる、そして自分で作る料理は美味しくない。

そんな感じで食欲も無くなって来たある日、「漢方カフェ いろは」を見つけました。木の家づくり工務店、KJ WORKSさんが一日単位で厨房・食堂スペースを貸し出している「コラボ食堂」という場所があり、その日の出店者がたまたま「いろは」さんだったのでした。

コラボ食堂はこんなところ(「越前そば粉屋六代目の加賀健太郎は石臼挽きの音に癒される」より)

日替わりでオーナーが代わる コラボ食堂

漢方・・・きっと体にいいに違いない!

早速注文して席で待ちながら、漢方へのこだわりや食材についての説明を読みました。

「オーナーさんと家族が病気を患ったことから東洋医学・漢方に興味を持った」とのこと。

そしてランチが登場。おかゆがメイン、というのがとても嬉しい!味付けもお上品!一品一品が健康コンシャスで女性らしい優しさと繊細さが感じられます。

幸せのランチはこんな感じ 「私が“漢方カフェ”をオープンするまで(大好きな母への近況報告)」より

美味しくて体にも良い食事は久しぶり。嬉しさと幸せで一杯のひと時を過ごしました。

時間をかけて食べていたら「多かったら残してくださいね」と一言。勿論全部食べたけど、分かってくれるなー。

コラボ食堂で出店する人達は開業準備の人が多いようで、いろはのオーナーさんも普段は漢方クリニックに勤務しながらコラボ食堂や特別養護老人ホームの喫茶コーナーで出張カフェをされているようです。

「このカフェが家の近くに出来たらな。」そう思わずにはいられませんでした。また機会があれば行きたいです。



オーナーさんのブログ「私が“漢方カフェ”をオープンするまで(大好きな母への近況報告)」