Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

中央区)外国人観光客が日本の家庭で学ぶお料理教室


フードツーリズムとしてのお料理教室

外国人旅行者が「滞在中に実施する行動と次回実施したいと思う行動」の1位は「日本食を食べること」だそうですが、日本に限らずどの国に旅行しても「食べること」は海外旅行の大きな楽しみで、世界中で旅行者向けの料理ツアーや料理講座が実施されています。

また、デモンストレーションを観るよりも実際に料理をつくるほうがより直接的な異文化体験が出来ると感じる人も多いようで、旅行情報サイト、TripAdvisorでも個人運営の外国人旅行者向け料理教室が人気アクティビティとしてランキング上位に掲載されています。

外国人が日本滞在中に感じる最も不便な点は「英語が通じないこと」(JNTO調査結果)なので、 もし英語が通じる場所で日本食を食べることが出来たら、そしてより直接的な異文化体験が出来るとしたら最高ですよね。そして、それらの条件を全て満たしている方がこちらになります。

フードツーリズム界の滝クリに学ぶ 日本料理のO Mo Te Na Shi

外国人観光客の利用する東京中央区のアクティビティ1位(2014年1月 Trip Advisor)
Japanese Cooking Class Tokyo with Mari

cooking<特徴>
料理教室ではなく「日本の家庭」で学べる
季節の食材を使用
好みのメニューにカスタマイズ
自国でも料理出来るように指導
英語による和菓子レッスンあり
パンレッスン・2日以上の集中レッスン
(市場に出かけて食材発送のサポート)
流暢な英語で解説
築路から徒歩5分

日本の家庭で料理を学んでもらい、より日本人に対する理解を深めてもらう場所があれば良いのではないか、と考えたことが、Mariさんがこの教室を始めたきっかけです。外国人観光客を受け入れ慣れているので、個人の好みに合わせたフレキシブルな講座内容にしてもらえそう。

<受講者の感想>
“Very interesting and rewarding culinary experience”
“Amazing cooking class”
“Highlight of my vacation”
“Real Japanese home cooking!”

と、利用者は皆さん大満足。味噌汁は、出汁の取り方から教えてもらえるとのこと。

お腹は本能に正直で、美味しければどんな国の料理でも積極的に受け入れるため、料理は国際親善に役立つ要素だと言えます。もし旅先で女性に現地の料理を直接教えてもらえる機会があるとしたら、行きたくなりませんか。

日本に訪れる外国人旅行客の多くがTripAdvisorのような宿泊予約サイトを参考にしているため、このような個人の教室でも目につきやすい場所で宣伝することが出来ます。観光客が訪れる地域で、料理が得意で英語が話せるのであれば、始めやすいビジネスではないでしょうか。

日本と同じく料理の美味しいタイやイタリアでも様々な旅行者向けクッキングクラスがあります。日本のおもてなしと日本料理の美味しさを楽しめるアクティビティとして、特に2020年はこのような料理教室の需要が高まるでしょう。

ただ、あらゆる旅行先で同様のツアーに申し込む人もいるので、個人ビジネスと言えどもサービスの内容は世界中の人達と比較されることを覚えておきましょう。

参考
Japanese Cooking Class with Mari

TEXT: 中田めぐみ