Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

女性起業家のブランディング【マダムシンコ】


テレビショッピングでは商品をプロデュースしているご本人が1時間かけて商品の魅力を語り続けますが、女社長の方々のバイタリティ溢れるトークはその場の空気を圧倒します。商品よりも、滑舌よく熱く商品の魅力を語る人達につい見入ってしまう人も多いのではないでしょうか。

メイドインジャパンを売る場合を除き、彼女達の多くは外国人オーラを放っています。

社長さんは会社の顔。ブランドを代表する存在です。商品と一緒に顔を出すので、ニューヨークの香りがする商品を売る人はニューヨーカーのように、ハワイっぽい商品を売る人はハワイアンになりきるということなのでしょう。勿論フランス人やイタリア人もいますが、強烈な個性を感じさせる方が多いです。

そして、日本の外国と言われる大阪には、大阪の個性を?感じる「マダムシンコ」というブランドがあります。



マダムブリュレというバームクーヘンで有名な洋菓子ブランドですが、まず注目していただきたいのはこの「女性の顔のデザイン」です。お店の看板や車にも描かれているのですが、初めてこの顔を見た時は「なんだこれは」と、ギョっとするわけです。

モノクロならば、時代劇に出てくるなにやらかとも思えますが、色はピンク。しかもオシャレ感漂う。何のお店だろう?これを見たら頭の中がそのままスルーすることを許さないのです。

マダムシンコでは鮮やかなピンクを至る所に使用しています。大阪人を振り向かせるにはこの位でないと!?→マダムシンコHP

ブランドのイメージ



目いっぱいお客さんを振り向かせた後で、次の動画に続きます。

こちら、シンコさん一押しのマダムブリュレですが、


「庶民のお菓子にしたい」という思い入れがあったようで。なんでしょうかこのギャップ。豹柄とほんわかな商品愛のミスマッチ具合が大阪人の心をくすぐるのではないでしょうか。(注:シンコさんは島根県出身です)



「商品もいいけど、とりあえず貴方の話を聞いてみたい。」

起業で成功する秘訣は、まず起業家自身が「魅力的な女性」であることが第一条件のようです。

マダムシンコ本店

大阪府箕面市今宮4-10-44

通販サイト
マダムシンコ

参考
株式会社カウカウフードシステム マダム信子, 大阪の社長TV
マダムシンコ本店,食べログ

TEXT: 中田めぐみ