Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

ウズベキスタン)3歳から75歳まで【女性限定のフィットネスクラブ】


出産が起業のきっかけ

エレーナ・ショルニコヴァさんは、ウズベキスタンの首都タシケントで女性専用のフィットネスクラブ”Nika Sport”を経営しています。

“Nika Sport”には、フィットネスの為の最新の設備と多彩なプログラムが用意されています。顧客は、ヨガ、エアロビクスのような定番のレッスンからサルサ、ベリーダンス、ストリップダンスまで好みに応じたレッスンを受けることができます。

bellydance“Nika Sport”の専属トレーナーは、「全て専門知識を持った専門家」です。2001年の開業から今年で創業13年目を迎えるエレーナさんの”Nika Sport”。

多くのフィットネスクラブが生まれては消えていく中央アジア最大の都市タシケントで、今回は、数あるフィットネスクラブの中でも”Nika Sport”が女性達から根強い人気を得ている秘密を探ってみたいと思います。

エレーナさんがフィットネスクラブの経営を思いついたのは、彼女自身が自宅の近くにフィットネスクラブが無いことに不便を感じたからでした。当時第2子を出産したばかりであったエレーナさんは、体型を元に戻す為にスポーツクラブに通いたいと思っていました。

おりしも、ウズベキスタンはフィットネスブーム。エレーナさんは、このブームに乗って2001年に自宅の近くに小さなフィットネスクラブを開きました。

エレーナさんインタビュー記事(Kommersant.uz)

顧客は何を求めているのか?

フィットネスクラブの経営に手ごたえを感じると、エレーナさんは、事業を拡大する為のマーケティングを行いました。国民の80%を占めるイスラム教徒のウズベク人の女性が潜在的顧客の大半です。

女性が男性の目を気にせず、また夫や未婚の娘を持つ父親が安心して妻や娘を通わすことができるフィットネスクラブであることが重要です。エレーナさんは、女性専用に特化したフィットネスクラブの経営がビジネス成功の鍵になるという結論に達しました。

しかし、顧客の対象を女性だけに絞るということには大きなリスクもありました。実際、事業を拡大した後に会員数が伸び悩んだ時期があり、エレーナさんは男性会員の入会を検討した時期もありました。

しかし、男性も会員として認めてしまえば、エレーナさんのフィットネスクラブの“売り”はなくなってしまいます。エレーナさんは、経営が苦しい時期も方針を変更することなく苦境を乗り切りました。エレーナさんは、そのことを今になって正解であったと確信しています。

ビジネスの合否は、スタッフの質にも寄るところが大きい」とエレーナさんは言います。エレーナさんは、顧客だけではなく、トレーナーが気持ちよく働ける配慮も怠りません。人材の流失は、クラブ経営にとって大きな損失となるからです。

uzエレーナさんの事業が最大の困難に直面したのは、2006年に借りていた物件のオーナーが、突然賃料を大幅に値上した時でした。エレーナさんは、テナントの一部を解約して営業を続けましたが、スポーツスタジオのようになったフィットネスクラブから客足が遠ざかり始めました。

エレーナさんは、フィットネスクラブの移転を決意しますが、郊外に施設を移転したことで長年の顧客を失う結果にもなりました。

新しい場所での知名度を上げる為に、エレーナさんは“Nika Sport”の宣伝に力を入れました。「とにかく、一度足を運んでもらえれば良さがわかるはず」という確信はありました。

広告宣伝に力を入れた結果、移転からわずか半年で“Nika Sport” は以前のようにフィットネスに汗を流す女性達で賑わうようになりました。

練習風景

顧客の定着を図るには?

次にエレーナさんが取組んだ課題は、顧客の定着でした。早朝割引、家族割引、長期利用割引といった顧客にとって魅力的な料金プランを提案しました。

他にも、母親がフィットネスのレッスンを受講している間に子供を預けることができる保育室の併設や子供用のプログラムを開設して同じ施設の中で親子が同時にフィットネスを楽しむこともできるようにもしました。

妊娠している女性の為のプログラムも取り入れ、女性がどんな条件下にあってもフィットネスを続けることができる環境を整備しました。

「顧客のニーズに常に敏感であること」が、フィットネス業界で生き残る秘訣であるとエレーナさんは言います。その為に、エレーナさんはクラブで提供しているサービスを一覧にして定期的に見直す作業を欠かしません。

オープン当時、エレーナさんは若い女性をターゲットにしたビジネスを展開していましたが、この作業によって顧客ニーズをあぶり出し、子供や高齢者もビジネスターゲットとしたことで、今では会員の年齢幅も3歳から75歳迄に広がりました。

女性が見ても魅力的なダンス

女性専用のフィットネスクラブを大成功させたエレーナさん。次の目標は、“男性専用“のフィットネスクラブをオープンすることです。こちらの方も、マーケティングの結果では、かなりの需要が見込まるのだとか。ビジネススタイルも、その地域の特質に合わせて展開することが大切なようです。

NIKA SPORT
Ташкент, масссив Буз-2 (Черданцева)

Ташкент, масссив Буз-2, 69
参考
Nika Sport Live Journal.com
Nika Sport, Kurasota.uz

TEXT: Sonya