Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

福岡市)遺影撮影はイエーイ撮影【フォトスタジオ ビタミン】


最近はベビーフォトやマタニティの撮影など、普通の記念写真以外にも撮影をする人が増えているそうですが、福岡市のフォトスタジオビタミンではもう一つ、ユニークなサービスを提供しています。それは遺影写真の撮影です。

サービス誕生のきっかけ

「実家が写真館をしていたから」カメラマンの坂本香魚美(あゆみ)さんは、そんな自然な流れで写真撮影を始め「毎日楽しく」をモットーに仕事をしていましたが、30歳の時に友人から「そのままでいいの?」と言われたのをきっかけに経営について学び始めました。

そして、農家のおばあちゃんたちが「つまもの」用の葉や花を栽培し、パソコンやタブレットを使って全国に出荷している徳島県上勝町の「葉っぱビジネス」を知り、感銘を受けました。

香魚美さんは以前、孫の成人式の家族撮影に同行してきたおばあさんに「せっかくだから、一人でも撮りませんか?」と誘ったところ、かたくなに拒否されてショックを受けたことがあります。そう声をかけたのは、小さな集合写真の一部を遺影用に拡大してもぼんやりとした粗い画像の写真になってしまうことをいつも残念に思っていたからでした。

舞台があればシニアも生き生き輝ける

葉っぱビジネスからそう感じた香魚美さんは、32歳の時に知り合いに誘われてフォトスタジオビタミンの代表になった時、60歳未満お断りの撮影サービス「ライフフォト」を開始しました。

カメラマンが最高

お葬式はある意味自分の最後の晴れ舞台。だから、わざわざ来てくれた人達には「自分の一番いい笑顔」を見てもらいですよね?特に私たちは女の子ですもの。

香魚美さんも、「遺影でなくイエーイ!です」と、アゲアゲな撮影をしていますが、最高の笑顔を引き出すためでしょうか、

「可愛い」「素敵」「ばっちり」等、

遠い昔に言われたことがあるような無いような言葉でお腹一杯ほめちぎってくれます。話しかけ方が上手でめちゃくちゃ明るいので、ボクの私の「最高に嬉しい笑顔」が沢山撮れるはず。


BY 朝日新聞社

お年寄りの反応

写真撮影は最初は誰でもガチガチに緊張するそうですが、仕上がった写真を見て、皆にんまりとしながら帰っていくそうです。その他、写真を友達に見せるために外出が増えて元気になった人や、部屋に飾って毎日見ている人も。

「今までの自分にない笑顔を見せてもらって、やったー!」喜びの伝播力で、開始1年目は24人だったお客さんも、今では年間300人以上に増えました。

割引サービス

普段の撮影料金10500円のところ「60歳だと60%オフで4200円」というように、年齢別の割引サービスがあります。100歳になると100%値引きでなんと無料!「来年も来ます」と言ってくれた105歳のおばあちゃんもいるそうです。

「このライフフォトがシニアの楽しみになってほしい」というのがカメラマンの思いですが、お客さんの楽しみは他にもあるのではないでしょうか。

「香魚美さんに会えるから。」

フォトスタジオ ビタミン
福岡市城南区長尾4-6-23

福岡市城南区長尾4-6-23


参考

「遺影でなくイエーイ! 生き生きした姿を撮る写真館」朝日新聞
笑顔配達人 坂本香魚美の独り言
株式会社いろどり
「葉っぱが町を救う! 2億6000万円を生み出す葉っぱビジネスとは?」SUMO ジャーナル
チャレンジナビ 福岡県男女共同参画センター

TEXT 中田めぐみ