Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

神奈川県相模原市:市内で起業を目指す女性が増加中


神奈川県相模原市では、市内で起業を目指す女性が増加している。相模原市産業振興財団が橋本図書館と共に実施している起業ビジネス相談会では、今年度の女性参加者の割合は40%に迫る勢いで推移している(昨年は約30%)。セミナー参加者の大半は企業の在職者。10、11月に実施された臨時相談会も全て満席になった。

大学卒業後、教員、教育相談員を経て手作りリースの制作販売をした女性や、結婚後退職し、二人の子供を育てながら、子供が寝付く間にカラーセラピーの勉強をし、ベビーマッサージの資格も活用し、色と心でふれあう子育てサロンを開設した人もいる。

女性の起業志望者は、本業で稼ぐために起業を志す人より、パートナーの収入で家庭を安定させつつ、プラスアルファで自身が何かできないかと模索する人が多いという。

2013年12月5日号さがみはら中央区版 「起業志す女性、市内で増加」