Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

絶対起業に失敗しない方法はありますか?


起業前の質問

起業しようと思い立ち、現在準備中ですが、家族や友人には「思っているほど甘くないよ」と言われます。やるからには絶対に失敗したくありません。失敗しない方法を教えてください。
 

回答

まずは自分の「思い」を棚卸ししよう。

自分のやりたいことが今の会社ではできない、自分のやり方でビジネスをしてみたい…起業を考えるきっかけは人それぞれですね。起業することそのものはとても簡単ですが、問題は、起業した後に売上げを伸ばし、事業を継続していくことができるかどうかです。woman

事業というのはさまざまな視点から「どうすれば売上げを伸ばせるか」「どうすれば売上げが下がらないか」という一見相反することを常に考える必要があります。

つまり起業した後は事業を軌道に乗せるためにあなたが持っている時間の大半を使う覚悟で取り組まなければいけないのです。

たとえば会社勤めをしていた時のように仕事がそこにある状態ではないですから、自分で動いて仕事を取ってこなければいけません。文房具ひとつ、コピー用紙一枚もコストですからきちんとチェックしてコスト管理をしなければいけません。

そういった傍からは見えない努力も続けていけるような事業モデルを考えるのが前提となります。となると避けて通れないのは自分自身の棚卸しという作業。

自分は何が得意でどんな知識や経験を持っているのか? どんなアイデアがあるのか? なぜその事業を自分でしたいと思うのか?等、起業したい理由を明確にしておきましょう

この作業が起業や起業後の経営活動におけるモチベーションにもつながり、ひいては事業への真剣度にも関わるため失敗する確率を下げることになります。

失敗しないためには失敗が必要

起業したい理由ははっきりしている、だから起業したい、けれど失敗はしたくない-これは起業を考えたり実際に起業した人の大半の本音でしょう。

誰でもできるだけ失敗せずに順調に売上げを伸ばしていきたいと思うものです。しかしこれまでにあなたがいくつも新しいチャレンジをして何かを習得した時のことを思い出してみてください。

初めて自転車に乗れた時、初めて跳び箱を跳んだ時、今までとは違う練習問題に取り組んだ時…一度も失敗せずに乗れたり跳んだり解けたりしましたか? おそらく何度かは失敗し、その失敗から「そうか、こうするとダメなのか」「じゃあ次はこうしてみよう」と違う方法を試して少しずつできるようになったのではありませんか?

起業も自転車や跳び箱や練習問題と同じ。今まで経験したことのないチャレンジなのですから、どれだけ周囲の経験者にうまくいく方法を聞いて頭で理解したとしても、あなた自身が実際にやってみて試行錯誤するしかありません。

その代わり、事業が成功した時の達成感や新しい世界を体感できるのもあなたです。大きな失敗、たとえば多額の負債を抱えるといった失敗をしないために、起業後は小さな失敗と軌道修正を繰り返して地道に売上げを上げる作業を積み重ねていく、それが経営だと考えましょう。