Pages Navigation Menu

キレイでユニークな女子ビジネス

金沢市)熟年世代の結婚をサポート 婚礼プロデュース会社【結】


最近は容姿の加工技術の進歩と元気すぎる高齢者の増加で「加齢」の持つ意味が軽く感じられる世の中になってきましたが、「生き方・暮らし方」においても同様のようで、50歳以上で再婚、結婚する人が増えているそうです。1950年と比較すると、2012年の再婚者数は5倍、初婚者数は7倍に増加。(※)苦あれば楽あり。「人生を長く生きていればいいことも起こりうる」ということなのでしょうか。

ひと昔前は「若い花嫁さんは初々しいけど30歳を過ぎたらね・・・」等と言われたものですが、今は30過ぎてからの結婚は珍しくないですよね。しかしその花嫁がもし「50歳の自分」だとしたらどうでしょう?

22顔の皺、たるみ、シミ・・・この顔からどうやって初々しさが出るのか。ナスのような体型でドレスが着れるのか。

お祭りの後のような風貌を晴れの日に向けて人知れず華やかに修復するわけですから並々ならぬ努力が要るわけです。それに、若い女性と同じような派手な結婚式は気が引ける。だから匿名でコッソリ電話して聞きたくなるんです。

「50歳過ぎてから結婚式をするカップルはどの位の割合でいますか?」
「どんなスタイルでの挙式が主流ですか?」「どんな衣装が人気ですか?」

人生経験は豊富なのに、ここにきて心は普通の女の子。だから若いお姉さんには質問するのも勇気がいるんです。

そこでそんな熟年カップルのウエディングセレモニーをサポートしてくれる会社を見つけました。50歳以上のカップル専用の婚礼プロデュース会社「結」です。主催者は細木恵美子さん。

恵美子さんは、子育てと介護が落ち着いた45歳の頃に、もう一度仕事をしようと決意し、ハローワークで結婚式場の受付の仕事を見つけました。それ以降20年間、婚礼業界に携わり1500組以上のカップルを担当する中で、熟年カップルの増加と彼らの持つ様々な悩みに気づき、「年配のカップルに合った演出を」と、今年3月に起業しました。

11「結」では着付けから引き出物選びまで、ウエディングにかかわるサービスをトータルで提供。神社やチャペルでの結婚式、料亭での食事会は勿論のこと、衣装を着て撮す写真だけの結婚式等、さまざまなニーズに応えています。

また、女性起業家交流会inHOKURIKUのメンバーでもある恵美子さんは、その幅広い人脈を生かして着付けやカメラマン、引き出物選び等、各分野の担当を50歳以上のエキスパートに依頼しています。体型に合った衣装選び、肌が美しく見える色選び、ヘアースタイルの提案に加え、食事やカロリー等の健康面にもきめ細かい配慮をしています。だから相談するほうもストレスを感じません。

また、既に長年連れ添っているカップルにも銀婚式等の機会に改めて誓いを交わす「バウリニューアル」を提案しています。

自分のためのセレモニーは気恥ずかしいですが、人に祝ってもらうのは幾つになっても嬉しいものです。南米パラグアイでは同居して何十年も経ち玄孫までいるという103歳と99歳のカップルが結婚式を挙げています。50歳以上でも、年代別の様々なニーズがありそうですね。

BBC NEWS


ブライダルプロデュース 結
金沢市久安2-358

金沢市久安2-358


参考
34年目、待望の結婚式 50歳以上のブライダル企画 金沢市の川尻さん夫妻,北國新聞2014年6月10日
50歳以上向けの結婚式 金沢の企業が企画に乗り出す,北國新聞2014年3月15日
66歳の転身 熟年カップルの幸せ 様々な形でアシスト, 読売新聞2014年7月23日

TEXT: 中田めぐみ